ブログトップ

伊藤嘉輝の仕事

seikoglass.exblog.jp

チルチンびと 2011年8月5日発売号

2011年8月5日発売号の「チルチンびと」(風土社)に、
嘉輝の花器が紹介されました。
機会がありましたら、ぜひご覧ください!!
a0211423_1533240.jpg

なお、Web版 チルチンびと「チルチンびと広場」にも、
当工房の情報を掲載いただいております。
[PR]
# by seiko-glasss | 2011-08-06 10:05

復興の狼煙

いろんなかたちで被災地の復興が行われています。

昨日の夕方、遠野の親戚のお兄さんからお電話がありました。
「復興の狼煙プロジェクト」というものです。

「このポスターを見て何かを感じてくださった方々の想いが、
前を向き必死に生きようとする人々の明日への力となってくれること。
それがこのプロジェクトの唯一の目的であり、私たちからの切なる願いです。」

写真からの情報は大きいですね。
カメラマンの熱い目線を感じるポスターの数々。
その一枚に、大槌で被災したおじさんが載っているということです。

現地の方々のたくましさが伝わってきます。
くわしくは、「復興の狼煙プロジェクト」まで。
[PR]
# by seiko-glasss | 2011-08-04 06:44

一草庵 2人展 終了いたしました

「伊藤嘉輝(硝子の器)永井小百合(真鍮アクセサリー)展」
無事終了しました


開催時の内容です。
会場:一草庵
   愛知県岡崎市洞町東前田10-3
   TEL0564-26-4851  駐車場あり
とき:2011年7月22日(金)~8月2日(火)
10:00~18:00(最終日17:00まで) 水・木休廊
200点を出展しました。
a0211423_5523917.jpg


会期前、オーナーの榊原さまが、
打ち合わせの為はるばる秋田までお越しくださいました。
山野草をこよなく愛する方で、
空港から工房まで送迎の道のりは、山野草の話で大盛り上がりしました。

普段何気なく見ている山々の草花や風景。
どんな種類のものが自生しているかがわかると本当に楽しいものですね。
ときには食べられるものもあるし。
身の回りの植物のことがもっと知りたくなりました。

今回ご縁を繋いでくださったのは、福島の漆作家・藤原啓祐さん。
震災の影響まだ落ち着かない頃、
被災見舞いのメールと一草庵さまのご紹介をしてくださいました。

大変なさ中に、このようなご縁をいただきましたこと、
感謝の気持ちで胸がいっぱいになりました。

藤原さんとは秋に、
山形でお仕事を一緒にさせていただくことになってます。
詳細は後ほどお知らせいたしますね。
[PR]
# by seiko-glasss | 2011-08-02 09:53

さわやかなのみもの

岩手に住む、嘉輝の母から梅シロップをいただきました。
(左横から、小さなドロボウちゃんが忍び寄っています・・・。)

a0211423_1002424.jpg
初夏、夏バテを先取りした亜紀。
体力的にもダウン気味でしたが、
そんな時期、岩手の里帰りでご
馳走してもらったのが
一杯の「梅ジュース。」
その美味しかったこと!!
力がみなぎってくるようでした。

11年前
長女の出産も初夏でした。
出産の疲れで横たわっている私に
先生の奥様が差し入れてくれた飲み物も手作りの「梅ジュース」。
あのときの嬉しい気持ちもよみ                          がえります。
体が弱っているときほど、
食材のおいしさを再認識させられることがあります。

ときには「夏バテ」にも感謝です。
[PR]
# by seiko-glasss | 2011-08-01 10:07 | 作品

梅のおいしい時期です

作品を、日頃ご愛用していただいているお客様から
おもいがけないおすそわけをいただきました!!

クエン酸が一般のものよりも多めの梅だそうです。
フタモノにいれて食卓にのせました。
ごまも気に入ってお取り寄せしているものを、1ビンいただきました。
a0211423_1773350.jpga0211423_1771187.jpg
a0211423_17204030.jpg

鮮やかな梅の赤色と爽やかな酸味に、
暑い一日の疲れがほぐれるようです。
ゴマは、冷やし中華の上にパラリと添えてみました。

しばし、至福のひと時を過ごさせていただきました♪
[PR]
# by seiko-glasss | 2011-07-26 17:25 | 作品